成田市個人様 ノートパソコンの液晶が真っ暗で何も映らない

パソコンの起動トラブル

今回のトラブルは、電源投入後LEDランプが点灯しファンが回転を始めるなど、起動している様子はあるが画面に一切なにも映らない症状です。
機種は東芝のdynabook R731/C、薄型の持ち運びに適した13.3インチのノートパソコンです。

持参した液晶ディスプレイにケーブルを接続してみるも、何も映らず。
BIOSにパスワードが掛かっているそうなので、外部出力信号に切り替える手前の段階でストップしている状況です。

余談ですがパソコンの起動に関するパスワードには3種類あって、
一般でよく使われるパソコンにログインする際に使用するログインパスワードは簡単に言うとOSのロックです。
BIOSパスワードはパソコンの起動自体にロックをかけます。
更にハードディスク自体にロックを掛けるハードディスクパスワードというものがあります。
ハードディスクパスワードの特徴として、非常に強固なセキュリティー機能でパスワードを数回打ち間違えると内部データを暗号化したり、消去される恐れがあります。
万が一このパソコンがBIOSパスワードではなくハードディスクパスワードが掛かっているものだったら。。
画面が見えない状態で、安易に手探りでパスワードを打ってみて下さいなんて言える状況ではありません(汗)

ですので、ひとまずパソコンの液晶関連のコネクタなどに異常がないか分解してみることにしました。
慎重にパソコンから液晶を分離させコネクタの接続部を確認してみると…

コネクタが半分抜けた状態になってました

基本的に液晶側に接続されているコネクタって簡単に抜けないように工場出荷時点でテープで固定されいるものなんですが
今回のパソコンにはテープで固定されている様子はありませんでした。
やはりしっかり固定されていないとちょっとした衝撃などでコネクタがスッポリ緩んでしまうってことがあるみたいですね。

コネクタをしっかり差し込み、パソコンの電源を入れてみるとバッチリ映りました。
またコネクタが簡単に外れないようにテープでしっかり固定させて頂き、元通り戻して作業完了です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。